PC作業効率化

パソコンで作業効率を大幅に向上させるにはデュアルモニターがおすすめ

投稿日:2019年4月12日 更新日:

パソコンで快適に作業を行い作業効率を上昇させるには、デュアルモニターの使用がおすすめです。デュアルモニターを使用することで、パソコンで表示できる画面範囲が2倍となり作業を快適に行うことが出来るので、費用対効果も高く導入するとすぐに効果を実感することが出来ます。
今回はデュアルモニターについて知らない人向けに、どのような魅力やメリットがあるかを分かりやすく紹介します。

【パソコンの作業効率をモニターで向上させる方法1】デュアルモニターとは?


デュアルモニターとは「1台のパソコンに2台のディスプレイ」で使用することを示します。他の名称としては「デュアルディスプレイやマルチディスプレイ」とも呼ばれており、どちらの名称を使用しても意味は伝わるため問題ありません。なお、1台のパソコンに3台のディスプレイを接続した状態では「トリプルディスプレイ」と呼ばれます。
デュアルモニターは一度使用すると非常に快適なため、元のシングルモニター状態には戻れないほどです。個人的には3台のディスプレイを使用するトリプルモニター環境を愛用しています。
現在はパソコン専門店などでモニターも安価になっており、1万円前後のモデルも多く販売されているので優れたコストパフォーマンスとなっています。

【パソコンの作業効率をモニターで向上させる方法2】デュアルモニターがおすすめな理由とは?


デュアルモニターがおすすめな理由は「作業範囲の拡大」です。見た目上はディスプレイが1台増えているだけですが、使い勝手は大幅に向上し複数の画面を同時に表示することが出来ます。

以下の様な場面で特に作業効率が大幅に向上します。
●左画面でWebブラウザを表示して、右画面で調べた内容をまとめる。
●左画面でPDFや画像の資料を表示して、右画面で内容を入力する。
●左画面でメールソフトを起動しておき、右画面で調べ事や書類作成を行う。
●左画面でエクセルの資料を表示して、右画面でワードで資料を作成する。

【パソコンの作業効率をモニターで向上させる方法3】デュアルモニターの作業効率


「インターネットで旅行の行程などを調べてワードなどにまとめる」場合を具体例としてパソコンの操作内容を比較してみます。なお、インターネットブラウザとワードは起動済みである状況としています。

■シングルモニターの場合
1.インターネットブラウザで旅行先の内容を調べる。
2.調べた内容をコピーする。
3.マウスのカーソルを画面下部のタスクトレイに移動する。
4.タスクトレイ上からワードを選択する。
5.ワードに画面が切り替わるので、コピーした内容をペーストする。

■デュアルモニターの場合
1.インターネットブラウザで旅行先の内容を調べる。
2.調べた内容をコピーする。
3.別画面のワードをクリックして、コピーした内容をペーストする。

上記の例では作業内容が「5個から3個へと減少」しました。1回の操作ではあまり差は感じないかもしれませんが、十数回繰り返すことでその差は積み重なって大きくなっていきます。作業工数では3/5となり、作業効率は「40%」もアップしています。ビジネス的に考えると5時間の仕事時間が3時間に短縮されることになります。

【パソコンの作業効率をモニターで向上させる方法4】デュアルモニターのデメリット


メリットが大きくパソコンでの作業効率が大きく上昇するデュアルモニターですが、デメリットも存在しています。
【デメリット1】パソコンデスク上のスペースが狭くなる
ノートパソコンを具体例として考えると、通常使用ではノートパソコンを設置するスペースのみとなりますが、デュアルモニターではモニターを設置するスペースが必要になってきます。そのため、シングルディスプレイでの使用と比較するとデスク上でパソコンが占有するスペースが大きくなってしまいます。

【デメリット2】モニターを追加で購入する費用が発生する
ノートパソコンを購入した際に、デュアルモニターを採用するとモニターを追加で購入する費用が発生します。参考価格となりますが、ノートパソコンの購入費用に1万円程度が追加されます。

上記の様なデメリットが存在していますが、「デュアルモニターによる作業効率化のメリット>デュアルモニターのデメリット」であるのが個人的な見解です。また、スペース的な問題では「ディスプレイスタンド」や「モニターアーム」を使用することで解決できるため、デュアルモニターの導入に支障はないと考えています。

【パソコンの作業効率をモニターで向上させる方法5】デュアルモニターを使用する方法

デュアルモニターは基本的にはパソコンにモニターを接続するだけで使用することができますが、ここでは使用するためのちょっとしたポイントを紹介しまます。

【デュアルモニターの使用方法1】モニターの用意


デュアルモニターを使用するためのモニターですが、モニターとパソコンを接続するコネクタ(ポート)にか以下の種類が存在しています。
【D-Sub15pin】青いケーブルで接続
●モニター:ほぼすべての機種に搭載されている。
●パソコン:多くのパソコンに搭載されているが、一部の薄型のノートパソコンには搭載されていない場合がある。

【DVI】白いケーブルで接続
●モニター:ほぼすべての機種に搭載されている。
●パソコン:多くのデスクトップパソコンには搭載されているが、ノートパソコンには搭載されていない機種が多い。

【HDMI】テレビとブルーレイレコーダーなどの接続にも使用する黒いケーブル
●モニター:多くのモニターに搭載されているが、安価な機種や若干古いモデルには搭載されていない場合がある。
●パソコン:多くの機種に搭載されているが、一部のパソコンには搭載されていないことも多い。

主な接続方法は3種類となっていますが、パソコン側とモニター側がそれぞれ対応している必要があります。そのため、モニターを購入する際は、使用するパソコンに対応したコネクタが搭載されているモニターであることを確認してください。

【デュアルモニターの使用方法2】パソコンにモニターの接続


デュアルモニターはパソコンにモニターをケーブルで接続するのみで利用することが出来ますが、モニターを設置する場所はパソコンの右側がおすすめです。パソコンは台目のモニターを右側に追加されたと認識し、デスクトップ画面を標準では右側に拡張する動作をするためです。
設定することで左側にデスクトップ画面を拡張することも出来ますが、右側に設置すると手軽にデュアルモニターを実現することが出来るようになっています。

【デュアルモニターの使用方法3】デュアルモニターの使用方法


拡張されたデスクトップ画面にフォルダやソフトを表示するには、追加した画面にフォルダなどをマウスでドラッグするのみで利用することが出来ます。今まで1枚だったデスクトップ画面がモニター2枚に表示されているのみなので、1枚だった時と同じような操作で手軽に利用することが出来ます。

パソコンでデュアルモニターで作業効率を上昇させることに関するまとめ

今回はデュアルモニターについての簡単な説明と使用した場合のメリット、デメリットを紹介してきました。また、ちょっとしたポイントも合わせて紹介してしました。
デュアルモニターは一度使用すると、手放せない利便性となっています。デュアルモニターを知らなかった人や敷居が高いと感じていた人も、これを機会に是非デュアルモニターを導入してみてください。







こちらの記事もおすすめです。

-PC作業効率化

Copyright© nanairo. , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.