ビジネスマナー

nanairo.式ビジネスマナー講座~22.応接室への案内

投稿日:

スムーズな案内を心がける

応接室への通し方にも一定のルールがあります。
来客への心配りから生まれたものなので、ルールを守ることができれば失礼になることはありません。

まず初めに、来客に「こちらでございます」と一声かけます。
そして応接室や応接コーナーに案内しましょう。

応接室・応接コーナーの席次

席次を知らずに案内していしまうと、相手に対して失礼にあたります。
しっかりと覚えておきましょう。

応接室

出入口から、遠い席が来客用、近い席が社内用になります。
※1~3が通常では来客用になります。

 

 

 

応接コーナー

窓が見える席が来客用、事務用デスクが見える席が社内用になります。
※1と2が来客用になります。

 

 

応接室への案内

応接室前に着いたら

「こちらでございます」と来客に一声かけます。

ドアをノックし、応接室内に担当者がいるかどうか、散らかっていないかなどを確認しましょう。
通す際は「どうぞお入りください」と来客を応接室へ促す一言を添えるとスムーズに進みます。

ドアの開閉

  • 外開きの場合は戸を開いて、先に来客を通します。
  • 内開きの場合は戸を開いて、先に室内へ入ってから来客を通します。

応接室へ案内した後

担当者がいれば本人が仕切るので「失礼します」と言って退出します。
担当者がいない場合は「担当者がすぐ参りますので、少々お待ちください」と一声かけて退室します。

来客を待たせすぎることは失礼になるので、退出後は来客が待っていることを担当者に伝えましょう。

 







こちらの記事もおすすめです。

-ビジネスマナー

Copyright© nanairo. , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.