初心者向けPC講座

【パソコンの初期化】その方法や注意点、そもそも初期化とは?の疑問を解決します

投稿日:2018年4月9日 更新日:

パソコンの初期化とは慣れている人であれば、方法や注意点、初期化するタイミングなどパッと思いつき、その大がかりな作業内容に躊躇してしまうことだと思います。しかし、多くのユーザにはなじみのない言葉であり、何が大変なのか何をすればいいのかが分かりにくいこととなります。
ここでは、そもそも初期化とは何か、なぜ初期化するのか、方法や注意点など、基本的な内容を簡単に説明していきます。

【パソコンの初期化について1】そもそも初期化とは何か

パソコンで初期化とは「購入した時点の状態」に戻すことを指します。他の名称としては「リカバリー」とも呼ばれ、人によっては工場出荷状態とも呼ぶこともあります。
お店で購入してきて初めて電源を入れた時の状態に戻るため、インストールしているソフトウェアや個人で保存しているデータ(デジカメで撮影した写真やワードやエクセルなどのデータ、年賀状の住所録等)は基本的に全て消えると考えてください。

【パソコンの初期化について2】初期化する理由やタイミング

初期化するとパソコン内のデータが全て消えるため、非常に手間がかかり出来れば避けたい作業となります。それでも初期化を検討するのは、パソコンに重大な問題が発生した場合になるため、理由やタイミングなどは概ね以下の様な場面が考えられます。
・パソコンの動作や調子がおかしい
・ウィルスに感染してしまった
・起動画面から先に進まない
なお、他の方法で問題が解決できないか検討した上で、最後の手段として捉えておく事をおすすめします。






【パソコンの初期化について3】初期化する方法

使用しているパソコンによって初期化する手段・方法は異なってきますが、一般的には以下の方法にて実施します。
1.メーカーが提供しているリカバリー(初期化)用のCDやDVDのメディアを使用する
2.パソコンのハードディスク内に保存されているリカバリー領域から復元する
3.WIndowsなどのOSディスクからインストールする
ほとんどの場合は1か2の手順で実施することになります。メーカー製のパソコンを使用している場合は、取扱い説明書に詳しい説明が記載されているので参照してみてください。

【パソコンの初期化について4】初期化する際の注意点

どうしても初期化をしなければならない場面となった際には、以下の点に注意が必要です。
・大切なデータのバックアップがあるか
・メーカー製パソコンの場合は取扱い説明書が手元に用意してあるか
・必要なメディア類(CDやDVD等)が全て手元に用意してあるか
 ⇒リカバリー用やインストールするソフトウェアのメディア
それらが全て揃った状態で初期化作業を始めると、スムーズに実施することが出来ます。






【パソコンの初期化について5】データのバックアップの重要性

パソコンを初期化する状態になっている場面では、深刻な問題が発生している場面が多く考えられます。パソコンが起動する状態であれば、初期化の前にバックアップを取得出来るので問題ありません。しかし、起動しない状態やウイルスに感染している場合では、バックアップも難しくなってきます。
その様な場面においてバックアップする手段が非常に限られてしまうため、常日頃から重要なデータについてはバックアップを取得しておくことをおすすめします。
今では外付けハードディスクも安価で大容量の商品が多く販売されているので、バックアップ用に1台置いておくと安心できます。その際は大切なデータを定期的にバックアップ用ハードディスクに保存してください。

【パソコンの初期化について6】部品故障の場合は初期化では解決できない

パソコンの調子が悪くて初期化を検討する場合は、不具合の内容に注意する必要があります。調子が悪い原因がソフトウェア(Windowsなど)的な問題であれば初期化で症状が改善しますが、ハードウェア(パソコン本体の部品など)の故障の場合は初期化しても改善はされません。初期化前にどちらが問題かを判断する必要がありますが、判断が難しい場合はバックアップを取得して初期化してしまうことも一つの方法です。
なお、ソフトウェア的な問題の目安としては「Windowsアップデート後から調子が悪い、長期間使用していて動作が重たい」などは初期化で解決することが多くあります。

【パソコンの初期化について7】初期化しか手段が残されていないのか再検討する

初期化は非常に手間のかかる作業なので、極力避けたいところです。本当に初期化しか手段がないのかを改めて考えることをおすすめします。
・動作が重たい⇒不要なソフトをアンインストールする
・容量が足りない⇒不要なデータを削除する
上記の様に対応できないかを検討し、代替え手段がある場合はそちらの手段を選択します。
なお、数年間使用しており古くなったパソコンである場合は、要求性能を満たせないこともあるため買い替えも必要になるかもしれません。

【パソコンの初期化について8】初期化作業の大まかな流れ

初期化作業を実施する場合は概ね以下の作業が必要になります。なお、ここではWindowsを対象としています。作業時間の目安は1日~2日程度になります。
■事前準備
1.データのバックアップの取得(取得済みまたは起動不可の場合は不要)
■作業実施
2.説明書に従って初期化作業の実施
■事後作業
3.Windowsアップデートの実施
4.オフィスなど必要なソフトのインストール
5.バックアップデータから復旧






【パソコンの初期化について9】初期化作業の実施

実際に初期化を実施する場合は、おおむね以下の流れになります。なお、データのバックアップは完了していることを想定しています。
1.リカバリーメディア、オフィスなど必要なソフトのインストールディスクの準備
2.パソコンのシャットダウン
3.マウスやキーボード以外の周辺機器の取り外し
 ※操作に必要な最低限の機器(マウスとキーボードのみ)の状態とし、USBメモリやプリンタ類は取り外します。
  また、インターネットからも切断することをおすすめします。有線の場合はLANケーブルを取り外し、無線LAN(Wifi)の場合は操作は不要です。
3.取扱い説明書に従って初期化作業の実施

【パソコンの初期化について10】パソコンの初期化後の作業

初期化作業が終わって無事に起動が出来た後は、以下の作業を実施して以前と同じ環境へ復旧します。
1.必要な周辺機器の接続
2.インターネットへ接続し、Windowsアップデートの実施
3.オフィスなど必要なソフトのインストール
4.再度Windowsアップデートの実施
 ※必要なアップデートがなくなるまで数回繰り返します。
5.バックアップからお気に入りなどのデータの復元





パソコンの初期化に関するまとめ

ここまで初期化についての簡単な説明、理由や注意点、大まかな流れなどを説明してきました。
パソコンを初期化しないことが一番ですが、もし必要になった場合には全体の流れを押さえておくと、いざという時に焦らなくても済みます。
また、常日頃からトラブルに備えておくと安心できるので、バックアップは是非取得するようにしてください。







こちらの記事もおすすめです。

-初心者向けPC講座

Copyright© nanairo. , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.