初心者向けPC講座

パソコンがウィルスに感染?代表的な症状や対処法などを幅広く紹介します

投稿日:2018年5月22日 更新日:

現在ではパソコンを使用するのに、必須ともいえるのがインターネットのサービスです。インターネットを利用すると動画の視聴や音楽の購入、インターネットショッピングと、非常に便利な世の中となっています。しかし、インターネットに接続していると外部から不正なプログラムである、ウィルスに感染するリスクが少なからず存在しています。
稀にウィルスに感染したことで外部に情報が流出するなどのニュースが報道されており、インターネットを利用している場合は決して他人事ではありません。
ウィルスに感染するリスクを0にすることはできませんが、リスクを最小限に抑えることは可能です。また、感染した場合でも的確に対処することで、被害を最小限に抑えることが出来ます。
今回は、元システムエンジニアがウィルスの感染予防や対処方法など、幅広い内容を説明していきます。


Contents

そもそもウィルスとはなんなのか?パソコンにどのような影響があるのか?

ウィルスは第三者がパソコンなどのコンピューターに不正な動作を意図的に発生させ、何らかの被害を発生させる悪意のあるプログラムのことです。パソコン上のデータを外部に流出させる、ハードディスク上のデータを消去する、保存されているファイルをおかしな内容の物に置き換えるなど、様々な被害を発生させます。
なお、ウィルスはマルウェアと呼ばれる不正なプログラムの一種で、「トロイの木馬」や不正に広告を表示する「アドウェア」は厳密にはウィルスではなくマルウェアとなります。

参考までに、ウィルスの定義は以下のとおりとなります。
第三者のプログラムやデータべースに対して意図的に何らかの被害を及ぼすように作られたプログラムであり、 次の機能を一つ以上有するもの。
1.自己伝染機能
 自らの機能によって他のプログラムに自らをコピーし又はシステム機能を利用して自らを他のシステムにコピーすることにより、 他のシステムに伝染する機能
2.潜伏機能
 発病するための特定時刻、一定時間、処理回数等の条件を記憶させて、発病するまで症状を出さない機能
3.発病機能
 プログラム、データ等のファイルの破壊を行ったり、設計者の意図しない動作をする等の機能
【引用元:独立行政法人情報処理推進機構】https://www.ipa.go.jp/security/antivirus/kijun952.html

パソコンがウィルスに感染する経路や原因

パソコンがウィルスに感染してしまう原因は多数ありますが、以下の様な感染経路が考えられます。

・ウィルスに感染しているWebサイトの閲覧
 ⇒接続先のWebサイトがウィルスに感染している状態で、インターネットブラウザで閲覧した場合はパソコンがウィルスに感染する場合があります。
・信用できないサイトで配布されているプログラムのインストール
 ⇒本来はできない動作を実現させるなどの怪しい動作をさせるプログラムなどをダウンロードして実行した場合に、ウィルスが混入している場合があります。
・ファイル共有ソフトの利用
 ⇒不特定多数の人とファイルを交換できるため、悪意のあるユーザがウィルスを配布していた場合は知らない間にダウンロードされることがあるため、知らずに実行してしまうとウィルスに感染してしまいます。
・電子メールの添付ファイルなど
 ⇒覚えのないアドレスから送信されたHTML形式の電子メールや添付ファイルで感染するケースが多く見られます。
・ウィルスに感染している外部記憶媒体の使用(USBメモリなど)
 ⇒外部記憶媒体ではパソコンに接続すると自動でプログラムを実行できるため、ウィルスに感染している媒体を接続すると自動で実行されてパソコンがウィルスに感染してしまいます。

それ以外にも感染する原因があり、以下の総務省のWebサイトが非常に参考になります。
【引用元:総務省】http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/security/basic/risk/02-1.html

パソコンがウィルスに感染している場合の動作

パソコンがウィルスに感染してしまった場合の動作は、感染したウィルスによって様々ではありますが主に以下の様な挙動が考えられます。
・パソコンが突然再起動する
・記憶にないソフトウェアが次々と増えていく
・WIndows Vista以降のパソコンではUAC(ユーザアカウント制御)の画面が頻繁に表示される
 ⇒UACとはパソコンに管理者権限で変更を加える際に、確認のメッセージが表示される機能のことです。

上記の症状は自覚できるため、比較的気が付きやすい症状です。自覚症状がない場合はセキュリティソフトの検知に頼ることになります。セキュリティソフトがインストールされていると、以下のタイミングでウィルスを検知してパソコンを保護します。なお、以下の名称は使用するソフトによって異なってきます。
・リアルタイム保護
 【タイミング】怪しいファイルがパソコン内に保存された瞬間に検知します。
 【動作】ファイルが侵入した瞬間にウィルスと思われるファイルを隔離してパソコンを保護します。

・定期スキャン
 【タイミング】スケジュールに従ってスキャンした際に怪しいファイルを検知します。
 【動作】設定に従ってパソコンのスキャンを定期的に行い、スキャンした際にウィルスと思われるファイルを隔離してパソコンを保護します。

ユーザアカウント制御に関しては、以下のNECのWebサイトで分かりやすく説明されています。
【NECサポートページ】http://121ware.com/qasearch/1007/app/servlet/relatedqa?QID=011091

パソコンをウィルスから保護する方法

ウィルスからパソコンを保護するには、インターネットの利用やUSBメモリなどでのデータの移動を控えてスタンドアローン状態で使用するのが一番ですが、現実的な対処ではありません。そのため、以下の様な方法でパソコンを保護することをおすすめします。

【パソコンをウィルスから保護するための予防策】
・Windowsを使用している場合は、Windows Updateを毎月行う。
・使用しているソフトウェアは定期的にアップデートを行う。
・OS標準のファイアウォールやUACはOFFに変更しない
 ⇒Windowsでは規定値の状態であればONになっているため問題ありません。
・ウィルス対策のソフトウェア(セキュリティソフト)をインストールする。
 1.対策ソフトは日時などで定期的なスキャンを行う
 2.ウィルスの定義ファイルを常に最新に保つように更新を行う
  (ほとんどのソフトではインターネットに接続していれば自動的にアップデートをしてくれます。)
・怪しいサイトの閲覧やソフトウェアのダウンロードは行わない
・ファイル共有ソフトの利用は行わない
・電子メールでHTMLメールは受診しないように設定を行う
 ⇒使用しているメーラーなどにより設定方法が異なるため、各自で利用しているソフトにしたがって行ってください。
・差出元が不明だったり身に覚えのないアドレスからのメールは開かない、添付ファイルを保存しない、記載にリンクにアクセスしない

【無償編】パソコンにおすすのウィルス対策ソフト(セキュリティソフト)

パソコンを保護するためにはウィルス対策のセキュリティソフトの導入を上記の項目でおすすめしました。しかし、セキュリティソフトは有料/無料を含めると多数のソフトウェアが提供されており、どれが良いのか迷ってしまうことがあると思います。
ここでは、無料で提供されているセキュリティソフトを厳選して紹介します。
なお、家庭内で非商用環境での利用を対象としているため、企業内で利用する場合はご注意ください。

【無償編|パソコンにおすすめのウィルス対策ソフト1】Microsoft Security Essentials

Windowsを作成しているメイクロソフトが提供しているのがMicrosoft Security Essentials(通称MSE)です。無料で提供されているのに広告も表示されず使いやすいため、個人的にも愛用しているセキュリティソフトです。なお、Windows 8以降ではMicrosoft Security Essentials同等の機能の「Windows Defender セキュリティ センター」がデフォルトでインストールされているため、改めてインストールする必要はありません。

■システム要件(最小要件)
【サポートOS】Windows Vista(SP1、SP2)、Windows 7
【CPU】1GHz以上
【メモリ】1GB以上
【ハードディスク容量】200MB以上の空き容量
【その他】最新のウイルスとスパイウェアの定義を自動で更新するにはインターネット接続が必要

■特徴(マイクロソフトより引用)
Windows 7 用の無料のマルウェア対策ソリューションで、ウイルス、スパイウェア、およびその他のマルウェア (悪意のあるソフトウェア) から保護できます。
【マイクロソフト公式サイト】https://www.microsoft.com/ja-jp/safety/tools/mse.aspx

【無償編|パソコンにおすすめのウィルス対策ソフト2】アバスト無料アンチウイルス(avast!)

1991年から提供されている有名な無料のセキュリティソフトです。ここではWIndows版のみを対象としていますが、Android版も提供されているので、スマートフォンやタブレットで利用されている方もいるかと思います。年間数千円でセキュリティ機能を強化した有料版も提供されていますが、無料版でも通常の使用に必要な機能は備わっています。
なお、会社の拠点はチェコ共和国となります。

■システム要件
【サポートOS】Windows 10、Windows 8.1、Windows 8、Windows 7、Windows Vista、Windows XP SP3
【メモリ】256MB以上
【ハードディスク容量】1.5GB以上の空き容量
【その他】無料版の機能は以下のとおり。
 ・マルウェアなどのウイルスをブロック
 ・Wi-Fi セキュリティの脆弱性をスキャン
 ・パスワードのセキュリティを保護

■特徴(アバスト公式サイトより引用)
アバスト無料アンチウイルスはリアルタイム保護、インテリジェントな脅威検出、およびネットワーク、パスワード、ブラウザのセキュリティ強化により、セキュリティのレベルを引き上げます。インストールも使用方法も簡単。他の無料アンチウイルスは足元にも及びません。
【アバスト公式サイト】https://www.avast.co.jp/index

【無償編|パソコンにおすすめのウィルス対策ソフト3】Avira Free Antivirus

ドイツのソフトウェアメーカーが提供している、強力な検知と軽い動作で有名なセキュリティソフトです。このソフトもAndroid版が提供されているので、スマートフォンやタブレットで利用している方もいるかと思います。
必要な機能は無料で使用でき、フィッシングサイト対応などの機能を強化しているエディションも有料で提供されています。

■システム要件
【サポートOS】Windows 8 最新SP、Windows 7 最新SP、Windows XP 最新SP
【CPU】1GHz以上推薦
【メモリ】1024MB以上(Windows8、Windows7の場合)
【ハードディスク容量】150MB以上の空き容量
【その他】詳細な要件はURLを参照
(http://help.avira.com/webhelp/wks_avira13/win32/jp/pecl/online/productinfo/productinfo_systemrequirements.htm)

■特徴(Avira公式サイトより引用)
軽くてもパワフルな Avira Free Antivirus。PC を各種ウィルスやマルウェアから保護し、スパイウェアやアドウェアを除去します。 Avira SearchFree Toolbar にはプライバシーツールと検索結果の安全度評価が含まれています。
【Avira公式サイト】https://www.avira.com/ja/buy-antivirus

【無償編|パソコンにおすすめのウィルス対策ソフト4】AVG アンチウイルス 無料版

オランダに本社があるソフトウェアメーカーが提供している老舗のセキュリティソフトです。こちらもAndroid版が提供されているので、スマホなどで有名かと思います。スキャン速度が優秀なことから、根強い人気を誇っています。

■システム要件(推奨要件)
【サポートOS】Windows 10、Windows 8、Windows 7、Windows Vista、Windows XP
【CPU】Intel Pentium 1.8 GHz 以上
【メモリ】515MB以上
【ハードディスク容量】1350MB以上の空き容量
【その他】無料版の機能は以下のとおり。
 ・ウイルス対策:ウイルス、スパイウェアなどのマルウェアをブロック
 ・リンク保護:ウェブ、Twitter、Facebookのリンクをスキャン
 ・メール保護:怪しい添付ファイルをスキャン
【AVG公式サイト】http://free.avg.co.jp

【有料編】パソコンにおすすのウィルス対策ソフト(セキュリティソフト)

先ほどまでは無料で提供されているセキュリティソフトを紹介してきました。しかし、無料のソフトウェアはトラブル発生時など、問題が発生した場合は自分で解決する必要があります。有料のセキュリティソフトではサポートが充実していること、セキュリティの機能が多く搭載されていることも有ります。
ここでは、有料で提供されているセキュリティソフトを厳選して紹介します。

【有料編|パソコンにおすすめのウィルス対策ソフト1】ノートン セキュリティ スタンダード

シマンテック社が提供している老舗のセキュリティソフトです。ライセンスの費用は年間ごとに必要となりますが、3台までの端末に導入することが出来るので「パソコン・スマートフォン・タブレット」と複数のデバイスを利用している場合におすすめです。
30日間の無料体験期間となっていますが、メルマガに登録することで60日間まで延長することができます(2018年5月16日時点)

■システム要件
【サポートOS】
 ・Windows XP SP3、Windows Vista SP1、Windows 7 SP1、Windows 8/8.1、Windows 10
 ・Mac OS Xの最新バージョンと前の2つのバージョン
 ・Android 4.0.3以降
 ・iOS 8 以降
【利用可能台数】パソコン、Mac、スマートフォン、タブレットの中から、最大 3 台
【ライセンス費用】2880円(税抜)/1年間
【体験版】30日間(条件付きで60日間)

■特徴(ノートン公式サイトより引用)
・既存のまたは新しいウイルスやマルウェアからリアルタイムに保護します。
・無料のウイルス対策ソフトウェアやお使いのパソコンのオペレーティングシステムでは実現できない、包括的な保護を提供します。
・他社製品よりも迅速で優れた保護を提供します。
・ノートンのウイルス撃退代行サービス。デバイスからウイルスを駆除できなかったら全額返金保障します。
【シマンテック公式サイト】https://jp.norton.com/norton-security-for-one-device
【体験版ダウンロード先】https://japan.norton.com/lp/free-trial

【有料編|パソコンにおすすめのウィルス対策ソフト2】ウイルスバスター クラウド

トレンドマイクロが提供しているソフトウェアで、最も有名なセキュリティソフトの一つです。企業でも導入されていることもあり、多くの人がご存知かと思います。初心者を対象としたライセンスもあるので、安心して利用することができます。

■システム要件(最小要件)
【サポートOS】Windows 10、Windows 8/8.1、Windows 7
【CPU】Windows 10/8/8.1:1GHz 以上、Windows 7 :800MHz以上(1GHz以上推奨)
【メモリ】Windows 10:2GB以上、Windows 8/8.1/7:(32bit)1GB以上、(64bit)2GB以上
【ハードディスク容量】1.3GB 以上 (1.5GB 以上推奨)
【利用可能台数】パソコン、スマートフォン、タブレットで最大3台まで
【ライセンス費用】12780円(税込)/3年間
【体験版】30日間

■特徴(トレンドマイクロ公式サイトより引用)
 1.高い防御力:AI(人工知能)技術を搭載し、日々巧妙化する新たな脅威から守ります。
 2.軽快:クラウド技術でパソコンやスマホにかかる負荷を軽減。快適に操作できます。
 3.安心サポート:製品サポートは365日年中無休。電話、チャットなどで問い合わせできます。
【トレンドマイクロ公式サイト】https://www.trendmicro.com/ja_jp/forHome/products/vb.html
【体験版ダウンロード先】https://www.trendmicro.com/ja_jp/forHome/products/vb/trial.html

【有料編|パソコンにおすすめのウィルス対策ソフト3】ESET ファミリー セキュリティ

スロバキアのソフトウェア会社が作成し、日本国内ではキヤノンITソリューションズが販売代理店となっているセキュリティソフトです。マルチプラットフォームに対応しており、軽い動作で高い評価が聞かれます。
今回は5台まで使用できるライセンスを紹介していますが、1台のマシンのみに対応しているライセンスも販売されています。

■システム要件
【サポートOS】Windows 10、Windows 8/8.1、Windows 7、Windows Vista
【CPU】1GHz以上
【メモリ】Windows 10(32bit)/8/8.1/7:1GB以上、Windows 10(64bit):2GB以上、Windows Vista:512MB以上
【ハードディスク容量】320MB以上(推奨1GB以上)
【利用可能台数】最大5台まで
 詳細な動作環境はURLを参照(https://eset-info.canon-its.jp/home/family/spec.html)
【ライセンス費用】9800円(税抜)/3年間
【体験版】30日間

■特徴(公式サイトより引用)
株式会社BCNが行った、「セキュリティソフトに関する調査」において4年連続総合満足度No.1を獲得いたしました。
特に、ESETセキュリティ ソフトウェア シリーズの特長である「軽快さ」に関する項目で平均点を上回る高い評価をいただきました。
【公式サイト】https://eset-info.canon-its.jp/home/family/
【体験版ダウンロード先】https://eset-info.canon-its.jp/home/family/trial/

パソコンにウィルスが侵入していることが判明した場合の対処方法

パソコンがウィルスに感染しないことが一番ですが、ゼロデイ攻撃(セキュリティソフトの対応前)などで感染してしまうことも考えられます。その場合は適切に対処することで、被害を最小限に押さえることになります。

【パソコンがウィルスに感染した場合1】インターネットから物理的に切断する

まずはパソコンを物理的に外部と隔離してしまうことが、ウィルスに感染して場合の最初の対処となります。
パソコンにウィルスに感染していることが発覚した場合は、以下の方法ですぐにインターネットからパソコンを物理的に隔離します。

【LANケーブルによる有線接続の場合】LANケーブルをパソコン本体から抜線する。
【Wifiなどによる無線接続の場合】パソコンの画面上でワイヤレスネットワークから切断する、操作が不明な場合は無線LANルータの電源をOFFにしてしまう。

パソコンをインターネット上から隔離するのは「他のパソコンなどへの感染を防止するため」や「パソコン上のデータを外部へ流出することを防止するため」となります。

【パソコンがウィルスに感染した場合2】セキュリティソフトで詳細にスキャンを行う

パソコンを外部から物理的に隔離すると、データの外部への流出と他のパソコンへの感染が防止されます。
次にパソコンを詳細にスキャンし、感染しているウィルスを削除する作業を行います。使用しているセキュリティソフトによりますが、一般的にはフルスキャンと呼ばれています。自動で行われる定時スキャンでは感染しやすい場所のみを対象とした簡易的なスキャンが行われるため、それ以外の場所にウィルスが侵入した場合はフルスキャンでウィルスを削除する必要があります。
フルスキャンは時間が掛かるため、時間に余裕をもって行ってください。なお、フルスキャンの実行はご利用しているセキュリティソフトの取り扱い説明書などに従って行ってください。
参考までにMicrosoft Security Essentials(以下MSE)でのフルスキャンの方法は以下のとおりです。
1.タスクトレイ上のMSEのアイコンを右クリックします。
2.右クリックメニューに表示される「開く」をクリックします。
3.スキャンのオプションで「フル」を選択し、「今すぐスキャン」ボタンをクリックします。
4.スキャンが開始されるので終了するまで待機します。
5.スキャンが完了して、ウィルスが正常に削除されることを確認します。

【パソコンがウィルスに感染した場合3】場合によってはパソコンを初期状態に復元する

フルスキャンを行ってもパソコンからウィルスが削除できない場合は、パソコンを購入した初期の状態に復元する必要があります。OSのリカバリーや工場出荷状態への復元などの名称もあり、手順は使用しているパソコンによって異なってきますので、取扱説明書に従って作業を行ってください。
また、初期状態に復元するとパソコン上に保存しているファイルなどのデータは全て削除されてしまうので、日ごろからバックアップを取得するなどして万が一に備えておくと安心です。

パソコンからウィルスが削除された後のこと

使用しているパソコンからウィルスが削除された後は、パソコンをインターネットに接続して使用して問題ありません。しかし、今後も同じようなことが発生する場合に備えて以下の様な作業を行うと安心して利用できると思います。
・大切なデータは外付けハードディスクやDVDなどにバックアップを取得する
・Windows Updateを行い、OSを最新の状態に常に保つ
・インストールしているソフトウェア類のバージョンアップを行う
・怪しい信頼できないサイトやソフトウェアは利用しない
・電子メールの差出人には注意する
・ファイル共有ソフトは利用しない
パソコンをウィルスから保護する項目と同様の部分もありますが、パソコンをウィルスから守るための基本的な事になります。次回以降に感染した場合に、無事に復旧できる保証はないので改めて意識するようにしてください。

パソコンとウィルスに関するまとめ

パソコンがウィルスに感染した場合の代表的な症状やウィルスから保護する方法、有料/無料のセキュリティソフトなど幅広く紹介してきました。インターネットにパソコンを接続して利用する際にはリスクがあることをご理解していただき、パソコンをウィルスから保護することを意識していただきたいと思います。
どのような操作がパソコンを危険にさらすのかを理解することで、ウィルスからパソコンを守ることにも繋がります。また、パソコンがウィルスに感染してしまった場合は、焦らずに適切な対応を心がけてください。







こちらの記事もおすすめです。

-初心者向けPC講座

Copyright© nanairo. , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.