PCソフトウェア

外出先からパソコンを遠隔操作!どこからでも自宅のパソコンを操作する

投稿日:2018年5月28日 更新日:

外部から自宅のパソコンを操作できると非常に便利ではないでしょうか。遠隔操作と聞くとウィルスで他人に悪用されるなど良いイメージはないかもしれませんが、自分のパソコンに対して正しく使うと便利な機能となります。 パソコンに詳しい人はメジャーな機能ですが、インターネットやSNSの利用が中心なライトユーザーでは難しいイメージがあるかもしれません。しかし、現在では遠隔地にあるパソコンを簡単に操作できるソフトウェアも提供されており、その気になれば誰でも利用できる機能となります。 今回は自宅などにあるパソコンを遠隔操作(リモート操作)する方法を紹介します。 【注意事項】 当然のことですが他人のパソコンを勝手に遠隔操作する行為はNGとなります。あくまでも自分が所有しているパソコンを対象にしてください。 また、遠隔操作の設定などは全て自己責任において実施する様にお願いいたします。

【パソコンを遠隔操作】どのような場面で役に立つのか?具体的な例を紹介します。

パソコンを遠隔操作出来るとどの様な場面でメリットがあるのか?難しい操作をしたところで何か役に立つのか?色々疑問があるかもしれません。
遠隔操作する方法などの前に、遠隔操作できることでどのようなメリットがあるのか、個人的な経験なども含めて具体例を紹介します。

【パソコンを遠隔操作するメリット1】自宅のパソコンを遠隔操作する

遠隔操作で最も多いパターンと思われることが、自宅のパソコンをリモートで操作することです。
外出先などから自宅のパソコンにリモートでアクセスすることで、以下の様なメリットが考えられます。

・外出先で自宅のパソコン内のデータを参照する必要がある場面で即時に確認することが出来る
・時間の掛かる処理を行っている場合にその様子を外出先から監視することができ、不具合などのトラブルがあった場合に対処することが出来る
⇒その結果として、時間を有効に活用することが出来る
・スマホではできないゲームでは自宅のパソコン上で実行しておき、出先から簡単な操作をすることが出来る

現在ではスマートフォンやタブレットが一般的に普及しているため、外出先からでも気軽に遠隔操作できる環境が整ってきています。メリットは人それぞれではありますが、自宅の環境にアクセスできることはふとした時に大いに役に立つ機能となります。

【パソコンを遠隔操作するメリット2】遠隔地から実家の親のパソコンや親戚のパソコンをリモートで設定する

今ではパソコンが広く普及しており、専門知識が無くても気軽にインターネットが出来る時代となっています。誰でもパソコンが利用できる時代ですが、不具合が起きた際に困ってしまう人も多くいるかと思います。
そのため、実家の親などから「パソコンでわからないことがある」、「何もしていないけれどおかしなことになった」などの電話を受けた経験がある人も多いかと思います。その際に電話での説明ではどうにもならず画面を見てみないとわからないこともあり、その様な場面で遠隔操作が出来る状態であればすぐに見ることができ、状況も簡単に把握することができます。
また、電子メールの設定が分からないなどパソコンを代理で設定する際にも、リモートから行えるため双方でストレスがなく行うことができます。

しかし、あくまでも他人のパソコンを操作することになるため、当人からの了承を得る必要があります。また、遠隔操作を可能とするための設定は電話で説明して行ってもらう、実家に帰省している際に事前に設定しておくなどの対応は必要となります。

【パソコンを遠隔操作】遠隔操作を実現するためにはどのような方法があるのか

パソコンを遠隔操作するための方法は主に以下の手段が考えられます。

【方法その1】VPN接続を使用する
 自宅にVirtual Private Network(バーチャル プライベート ネットワーク、VPN)接続を行い、リモートデスクトップで対象のパソコンを遠隔操作する。捜査対象のパソコンは常時起動状態にするか、遠隔起動の設定が必要になる。
 ⇒自宅にVPN接続を行うためのサーバが必要になり、高い難易度や高度な知識と技術が要求されるので現実的ではありません。

【方法その2】インターネット上にパソコンを公開する
 以下の様な設定を事前に行い、対象のパソコンに対してインターネット上から接続できる状態にする。そのパソコンにリモートデスクトップで接続を行い遠隔操作する。
 ・ルーターで「外部からの接続要求をパソコン側に転送する設定」と「パソコンのリモート起動の設定」など必要な項目の設定を行う。
 ・パソコンで「リモートデスクトップに使用するポートの変更」と「マジックパケットによる遠隔起動(WOL:Wake-on-LAN)の設定」など必要な項目の設定を行う。
 ⇒ルーターの設定やリモートデスクトップを利用するパソコンの設定が必要になり、こちらもそれなりの難易度が要求されてしまいます。

【方法その3】VNC接続を利用する
 リモートデスクトップのソフトウェアのVNCを使用する方法で、上記と同様にVPNサーバかインターネット上からの接続設定が必要になる。
 ⇒上記の方法1~方法2と同様にルータの設定やVPNサーバが必要になるなど、高い難易度と硬度な知識が必要になるため現実的ではありません。

【方法その4】無料のソフトウェアを利用する
 遠隔地からのリモート操作を実施するためのソフトウェアが無料で提供されており、ソフトウェアを使用することにより遠隔地からのリモート操作を実施する。
 ⇒ソフトウェアをインストールして簡単な設定をするのみなので、最も難易度は低く現実的な方法となります。また、設定方法や使用方法はインターネット上で多く紹介されているので、専門知識が無くても使用することが可能となります。

【パソコンを遠隔操作】遠隔操作を実施するための無料のソフトウェアの紹介

最も現実的に遠隔操作を実現するための無料のソフトウェアには色々な種類が存在しており、いざ使用してみるとなった場合に迷うこもあるかと思います。ここではその中からおすすめのソフトウェアを厳選して紹介します。

【おすすめソフトウェア一覧】
 ・Chromeリモートデスクトップ
 ・TeamViewer(チームビューアー)
 ・AnyDesk

【おすすめのパソコンの遠隔操作ソフト1】Chromeリモートデスクトップ

Androidのスマートフォンやタブレットには標準でインストールされていることも多いインターネットブラウザのChromeですが、プラグインと呼ばれる拡張機能をインストールすることでパソコンの遠隔操作が可能となります。

【必要なソフトウェア】
 ・Google Chrome(インターネットブラウザ)
 ・Chrome リモート デスクトップ(拡張機能)

【作業手順】
 ■接続先パソコンでの作業
 1.Google Chromeをパソコンにインストールします。
  ⇒(ダウンロード先URL)https://www.google.com/chrome/
 2.Chromeを起動して、Googleアカウントでログインします。
 3.Chromeで「Chrome ウェブストア」にアクセスして、「Chrome リモート デスクトップ」のプラグインを追加します。
  ⇒(ウェブストアのURL)https://chrome.google.com/webstore/detail/chrome-remote-desktop/gbchcmhmhahfdphkhkmpfmihenigjmpp
 4.Chrome上でURLに「chrome://apps」を入力して、キーボードのエンターキーを押下します。
 5.アプリの一覧が表示されるので、「Chrome リモート デスクトップ」をクリックします。
 6.マイコンピューターで「利用を開始」をクリックして設定を行います。

 ■接続元パソコンでの作業
 1.Google Chromeをパソコンにインストールします。
 2.Chromeを起動して、同一のGoogleアカウントでログインします。
 3.Chrome上でURLに「chrome://apps」を入力して、キーボードのエンターキーを押下します。
 4.アプリの一覧が表示されるので、「Chrome リモート デスクトップ」をクリックします。
 5.先ほど設定したパソコンが表示されているので、利用を開始します。

【その他補足事項】
 Chromeのインストールは以下の公式サイトで手順が紹介されています。
 (Chromeインストール方法)https://support.google.com/chrome/answer/95346?hl=ja&co=GENIE.Platform%3DDesktop

 Chromeリモートデスクトップの設定や使用方法の公式サイトは以下のURLになります

 (Google公式サイト)https://support.google.com/chrome/answer/1649523?co=GENIE.Platform%3DDesktop&hl=ja

【おすすめのパソコンの遠隔操作ソフト2】TeamViewer(チームビューアー)

個人で利用する場合は無償で利用が出来る、リモート接続のソフトウェアで個人的にも利用したことがあります。簡単な操作で遠隔操作を実現することが出来ます。
Windows以外に対応しているOSもAndroid、iOS、Linux、MACと幅広く対応しているので、スマホなどからパソコンを操作することも可能となります。

【必要なソフトウェア】
 ・TeamViewer

【作業手順】
 ■接続先パソコンでの作業
 1.チームビューアーをパソコンにインストールします。
  ⇒(ダウンロード先URL)https://www.teamviewer.com/ja/
 2.チームビューアーを起動し、「遠隔操作を受ける許可」の欄に記載されているIDとパスワードを控えておきます。
 
 ■接続元パソコンでの作業
 1.チームビューアーをパソコンにインストールします。
 2.チームビューアーを起動し、「リモートコンピューターの操作」の欄に控えておいたIDを入力します。
 3.パスワードの入力画面では控えておいたパスワードを入力します。

【その他補足事項】
 詳細な使用方法は以下の公式サイトが参考になります。
 (チームビューア公式サイト)https://teamviewer-howto.com/?page_id=30

【おすすめのパソコンの遠隔操作ソフト3】AnyDesk

マルチプラットフォーム(複数のOS)に対応しているので、デバイスを問わずに利用できるソフトウェアです。
パフォーマンスを意識した設計をしているので、競合ソフトウェアよりも高速で低遅延であるとされています。

 ■接続先パソコンでの作業
 1.AnyDeskをパソコンにダウンロードします。
  ⇒(ダウンロード先URL)https://anydesk.jp/platforms/windows
 2.ダウンロードしたファイルを実行します。
 3.「このワークスペース」に表示されているAnyDeskアドレスを控えておきます。

 ■接続元パソコンでの作業
 1.AnyDeskをパソコンにダウンロードします。
 2.ダウンロードしたファイルを実行します。
 3.「ほかのワークスペース」に控えたAnyDeskアドレスを入力して接続(黄色い三角のボタンをクリック)を行います。

【その他補足事項】
 公式サイトは以下のURLとなります。
 (AnyDesk公式サイトURL)https://anydesk.jp/remote-desktop

 詳細な使い方については、個人のブログなども有りますのでそちらを検索してご確認ください。
 ソフトウェアの紹介で有名な窓の杜では以下のURLで紹介がされています。
 (窓の杜URL)https://forest.watch.impress.co.jp/library/software/anydesk/

パソコンの遠隔操作に関するまとめ

パソコンを遠隔操作する方法やおすすめのソフトウェアを簡単な手順とともに紹介してきました。
難しい設定をしなくても簡単に操作できる方法も存在しているため、遠隔操作の設定をしておくといざという場面では役に立つと思います。
是非、遠隔操作が必要な際にはご参考にしてみてください。







こちらの記事もおすすめです。

-PCソフトウェア

Copyright© nanairo. , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.