PC How to

パソコンの回収は費用が発生する?無料で回収?おすすめ業者とその方法

投稿日:2018年5月4日 更新日:

故障や買い替えなどで使わなくなったパソコンを、コストが発生せずに無料回収してくれるサービスがある事はご存知でしょうか。
不要になったパソコンを処分するには、以下の様な方法がありますがどれもひと手間発生してしまいます。また、ゴミとして処分する場合はごみ処理代のコストも発生します。
・オークションで出品する
・中古品のリサイクルショップで買い取ってもらう
・粗大ごみや自治体の指示に従う
その様な手間を省きたい場合は、郵送するだけで無料で回収してくれるサービスを利用することをおすすめします。
なお、PCリサイクルマークが添付されているパソコンについては、廃棄時に料金を負担することなく処分することが出来ます。詳細については「一般社団法人パソコン3R推進協会」の該当のページをご確認ください。
【パソコン3R推進協会・PCリサイクルマークについて】http://www.pc3r.jp/home/pcrecycle_mark.html

無料で回収?手間はかからない?回収業者を利用した時の流れを説明します

パソコンを回収してくれるサービスでは、主に宅配での回収を行っています。そのため、処分したい不要なパソコンを段ボールで梱包を行い、集荷依頼をするだけで自宅にいて簡単かつ手軽に処分することが出来ます。
個人的に利用したことがあるサービスでは、事前連絡不要で指定の宅配業者であれば着払いで引き取ってくれました。その時は自宅に有った段ボールを使用したので、外出をすることなく回収してもらえました。
その際の流れは以下の様に行いました。
・着払い可の業者をインターネットで検索する。
・自宅に有った段ボールと新聞紙で最低限の梱包を行う。
・指定業者に着払いで集荷をインターネットで依頼する。
・自宅に集荷に来た業者へ段ボールを渡す。
回収後は一切の電話連絡などもなく、無事に回収してもらえた様です。
しかし、トラブルなどを防止するために、利用する回収サービス業者が提示している注意事項などは守る必要があります。利用する際には中事項などを遵守し、不明点は確認することをおすすめします。

パソコン回収業者はなぜ無料で回収してくれるのか

着払いで発送しているので、通常であればそれだけの費用が発生することになります。それでも無料で回収する業者が存在しているのは、それでも利益を得ることが出来るためです。
パソコンの部品には希少金属やプラスチック、アルミなどが使用されているので資源として再利用可能となります。また、動作しないパソコンは故障している部品を交換することで修理できるため、修理済みのパソコンとして販売することも出来ます。持ち主には不要となっているパソコンでも様々な利用方法があるので、無料で回収するサービスを行う企業が存在しています。

パソコンを回収してくれるサービスの紹介

パソコンを回収してくれるサービスについて厳選して紹介します。
パソコンの回収先に迷った場合は是非参考にしてください。

【パソコンの回収サービス1】パソコン回収.com

中古パソコンショップのジャンクワールドを経営しているアールキューブが提供している回収サービスです。回収した中古機器は廃棄処分しないことを掲げており、環境に配慮した企業となっています。また、一部条件付きではありますが、回収できる品目が豊富となっているので自宅の不用品整理などで重宝するサービスです。
詳細については下記Webサイトをご確認ください。
【企業名/サービス名】株式会社アールキューブ(英文名:R-CUBE Co.,Ltd,)
【Webサイト】https://www.pc-kaishu.com
【回収方法】宅配回収、出張回収、訪問回収
【回収費用】無料
【回収対象品目】液晶ディスプレイ、デスクトップPC、ノートPC、液晶テレビ、ゲーム機、エレキギター
(条件付き品目)携帯電話、ワープロ、デジカメ、プリンタ/スキャナ、DVDプレイヤー、オーディオ機器等
【資格・認定情報】
・ISMS/ISO27001 認証登録番号(IS 523082)
・古物営業許可書
 <東京都>第 308919603654号
 <埼玉県>第431330010034 号
 <大阪府>第621140153271号
 <香川県>第811110000612号
 <福岡県>第901021510026号

【パソコンの回収サービス2】ReNet.jp

環境省認定の宅配便回収サービス業者で、回収したパソコンのデータを消去する有料のサービスもあるので、パソコンの操作は不慣れな場合でも安心して回収を依頼することが出来ます。
また、携帯電話1台の回収につき1ワクチンを「NPO法人 世界の子どもにワクチンを 日本委員会」を通じて提供する活動も行っています。
詳細については下記Webサイトをご確認ください。
【企業名/サービス名】リネットジャパングループ株式会社
【Webサイト】http://www.renet.jp
【回収方法】宅配回収
【回収費用】通常1500円/箱(キャンペーンで無料~2018年5月31日)
【回収対象品目】パソコン本体、パソコン周辺機器、携帯電話/通信機器、カメラ、ゲーム機、電子楽器、音響機器、映像機器、カーナビ等
【資格・認定情報】
・小型家電リサイクル法 認定事業者 認定番号 第24号
・古物商許可番号 542781302300 愛知県公安委員会許可

【パソコンの回収サービス3】パソコンファーム

持ち込み回収に対応しているので、持ち込める場合は非常に便利に利用できます。持ち込みの場合は梱包や事前連絡も不要となっているので、対象商品が大量にある場合は候補となるサービスです。また、訪問回収も個人と法人に対応しており、条件付きではありますが無料で回収してくれます。
詳細については下記Webサイトをご確認ください。
【企業名/サービス名】株式会社パソコンファーム(PC farm Co., Ltd.)
【Webサイト】https://pc-farm.co.jp
【回収方法】宅配回収、訪問回収、持ち込み回収
【回収費用】無料(宅配/訪問は条件付き)
【回収対象品目】デスクトップパソコン、ノートパソコン、ワープロ、液晶ディスプレイ、液晶テレビ、パソコンパーツ/周辺機器、プリンタ、ゲーム機等
【資格・認定情報】
・プライバシーマーク 第10590094号
・エコアクション21 認証番号:0010976(本社工場認証取得)
・古物商許可証
 埼玉県公安委員会 第431310022586号
 東京都公安委員会 第305471409055号
 大阪府公安委員会 第621230122855号

【パソコンの回収サービス4】パソコンリサイクルセンター

手続きが不要で、対象品目を梱包してゆうパック着払いにて発送するだけで回収してくれるので、楽に不要なパソコンを処分することが出来ます。また、対象品目(デスクトップパソコン、ノートパソコン、液晶モニター)を梱包した箱の空きスペースに回収可能な物を同梱することが出来るので、自宅などの不用品の処分時に利用を検討してみてはいかがでしょうか。
詳細については下記Webサイトをご確認ください。
【企業名/サービス名】株式会社いっとく
【Webサイト】http://www.pc-rc.com
【回収方法】宅配回収
【回収費用】無料
【回収対象品目】デスクトップパソコン、ノートパソコン、液晶モニター
(条件:外観に破損がないこと、パーツを取り外していないこと)
【対象品目と同梱可】パソコンの付属品、パソコンパーツ、デジタルカメラ、スマートフォン/タブレット等
【資格・認定情報】古物番号:東京都公安委員会 第308770807145

回収業者ではなく、パソコンメーカーに回収を依頼する方法

・無料回収業者は便利ではあるけれど抵抗がある
・パソコンメーカーの回収が安心できる
・PCリサイクルマークがついている
上記の場合はパソコンを購入したメーカーなどに回収してもらう方法もあります。なお、PCリサイクルマークがなくても有償ではありますが、メーカーに処分を依頼することも出来ます

【無償】PCリサイクルマークがあるパソコンの回収について

一般社団法人パソコン3R推進協会によると、PCリサイクルマークは2003年(平成15年)10月以降に販売されたパソコンに添付されており、マークが付いているパソコンは廃棄時に料金を負担する必要がないとされています。
リサイクルマークがあるパソコンをメーカーに回収する流れは概ね以下のとおりになります。
1.パソコンのメーカー名(東芝、NEC、富士通など)を確認します。
2.メーカーのリサイクル受付に回収を依頼します。
3.回収用の発送伝票が送付されてきます。
4.パソコンを梱包し、伝票の業者へ集荷を依頼します。
詳細な手順などについては各パソコンメーカーのホームページをご参照ください。
各メーカーの受付窓口一覧のURLは以下になります。
【一般社団法人パソコン3R推進協会】http://www.pc3r.jp/home/partner_list.html

【有償】PCリサイクルマークがないパソコンの回収について

一般社団法人パソコン3R推進協会によると、2003年(平成15年)9月以前に販売されたパソコンにはPCリサイクルマークが付いていないため、回収費用を負担する必要があり金額は各メーカーへ確認する必要があるとされています。
リサイクルマークがないパソコンをメーカーに回収する流れは概ね以下のとおりになります。
1.パソコンのメーカー名(東芝、NEC、富士通など)を確認します。
2.メーカーのリサイクル受付に回収を依頼します。
3.リサイクル必要をメーカーへ支払ます。
4.回収用の発送伝票が送付されてきます。
5.パソコンを梱包し、伝票の業者へ集荷を依頼します。
詳細な手順などについては各パソコンメーカーのホームページをご参照ください。
各メーカーの受付窓口一覧のURLは以下になります。
【一般社団法人パソコン3R推進協会】http://www.pc3r.jp/home/partner_list.html

【有償】回収するメーカーが存在しないパソコンの場合

回収するメーカーが存在していないパソコンについては、一般社団法人パソコン3R推進協会が有償にて回収を行っています。その際はPCリサイクルマークが添付されていても、リサイクル費用を支払う必要があります。
費用は2018年5月4日時点で税抜で以下のとおりとされています。
・デスクトップパソコン本体:4000円/台
・ノートパソコン:4000円/台
・CRTディスプレイ:5000円/台
・液晶ディスプレイ:4000円/台
なお、回収するメーカーが存在しないパソコンの回収や回収対象品については下記URLをご確認ください。
【パソコン3R推進協会・パソコンの回収申し込み】http://www.pc3r.jp/home/pc3rassociation.html
【パソコン3R推進協会・メーカー等が存在しないパソコンについて】http://www.pc3r.jp/home/what_nomaker.html

パソコンの回収に関するまとめ

不要となったパソコンを無償で回収するサービスやその仕組み、具体的なサービス名などを紹介してきました。また、パソコンメーカーによる回収やパソコン3R推進境界など、多くの人にはなじみのないことが多くあったと思います。
不要になったパソコンはリサイクルやリユースをすことで、有効に再利用することが出来ます。ゴミとして処分するのではなく、是非回収サービスを利用してください。







こちらの記事もおすすめです。

-PC How to

Copyright© nanairo. , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.